保険

簡単でわかりやすい変額保険のポイント

 

今回は、保険の中でも変額保険についてお話していきます。

 

投資マンのすけ
投資マンのすけ
変額保険って何なの??

 

難しくてわかんないよね。簡単に説明してあげるよ
投資マンのすけ2号
投資マンのすけ2号

 

こんな方におすすめ

  • 変額保険が何かわからない人
  • 老後への貯蓄をどうしようか悩んでいる人
  • 変額保険を提案したいと思っている保険業界の人

 

変額保険の主な目的

  1. 死亡保障(遺された家族の生活費・お葬式代)
  2. 貯蓄(将来、特に老後へのつみたて)

 

この記事のポイント

  1. ニーズに合っているか
  2. 保険の設計書の見方
  3. 運用レポートの見方

 

上記のポイントを中心に記事を書いていきます。

 

 

ニーズに合っているか

変額保険とは

変額保険の正体は?

ココがポイント

変額保険 = 保険 + 投資信託 = 死亡保障 + 貯蓄

なので、保険(死亡保障)に投資信託(貯蓄)機能がくっついているだけです。

簡単でしょ?w

 

どちらかというと、死亡保障よりも貯蓄の意味合いが強いと思います。

なので老後資金としてすでに投資信託等の投資をしている人は必要ないかもしれません。

変額保険はあくまでも保険なので、投資信託よりも死亡保障があることや色々と手数料が引かれているためです。死亡保障があるため全てを運用に回せない。手数料が引かれるということは、利益(貯蓄)が減るということです。

 

では、老後資金のために投資信託をしているけど、死亡保障だけが欲しい人はどうしたらいいのか。

その場合は、定期保険を検討するといいでしょう。

※終身保険でもいいですが、保険料は定期保険よりも高くなります。

※医療保険に死亡保障を付帯する方法もあります。

 

ニーズで考えると

投資マンのすけ
投資マンのすけ
保障は保障、貯蓄は貯蓄で別々に考えた方が一番いい

 

○死亡保障だけでいい人・・・定期保険・(終身保険・医療保険に付帯)

○老後資金だけでいい人・・・投資信託等の投資(確定拠出年金・NISAなど)

○死亡保障と老後資金が欲しい人・・・変額保険・(外貨建て保険)

 

を考えるといいでしょう。

※変額保険以外に外貨建ての保険もあるけれど、老後資金という意味なら変額のほうがお金は増えます!

 

なぜ貯蓄=老後へのつみたてなのか?

「教育資金やマイホーム資金など他にも貯蓄したいよーーー」

と思っている人もいるかもしれません。

 

変額保険とは、運用を株や債券等の投資として行うため、長期の投資が必要になってくるんです。

そのため、教育資金やマイホーム資金など15年以内程度の運用ではお金が減る可能性もあるんです。

せっかく目標に向かって少しでも増やそうと思って貯蓄しているのに、元本よりもお金が減っていたら意味ないですよね?

教育資金やマイホーム資金等の短中期的投資が目的の場合は、他の選択肢を考えましょう。(円建て保険・外貨建て保険・定期預金・投資など)

次でもう少し詳しく話しましょう。

 

つみたて投資の三原則

貯蓄していくためには、

長期・時間・分散

という3つの大原則が大事になってきます。

 

では、一つずつ見ていきましょう。

 

長期

投資は短期的な値動きに左右されることなく、長期的な目線で考えることが大切。短期の運用では、収益のリスクが大きくなり、長期の運用では、収益の安定が期待できる。

 

長期投資

(WealthNaviより)

 

分散

投資の格言には“卵は一つの籠に(かご)に盛るな”という言葉があります。これは、「投資先=籠」に、「資産=卵」に例えると。全てん卵を一つの籠に入れると一つの籠が落ちたときに全ての卵が割れてしまう。しかし、複数の籠に分ければ一つの籠が落ちても他の卵は割れずに残る。という意味です。

 

 

卵は一つの籠に盛るな

(大和アセットマネジメントより)

 

投資に話を戻すと、一つの投資先だけに資産を預けると、その投資先の景気が悪くなれば資産は減る。しかし、色々な投資先に資産を預ければ、一つの投資先が景気悪くても他の投資先が景気が良ければトータルでプラスになる。これが分散するメリットです。

投資先の分散には、「資産」「地域」「通貨」の3つの考え方があり、複数の「資産」「地域」「通貨」を組み合わせ、分散投資をすると値動きを安定させることができます。

 

「資産」・・・株式・債券・REITなど

「地域」・・・日本・アメリカ・その他世界各国

「通貨」・・・円・ドル・ユーロなど

 

時間

投資するタイミングを分散する。これを「ドルコスト平均法」を活用します。

「ドルコスト平均法」・・・毎月一定の金額で運用商品を購入し、価格が高いときは購入数量が少なく、価格が安いときは購入数量が多くなる。その結果、購入単価を平準化し、利益を発生しやすくすることです。

※ドルコスト平均法を使えば完璧というわけではありません。出口戦略(お金をおろすタイミングの調整)は必要です。出口戦略のポイントは、「投資の成果」=「購入口数」×「最終価格」。すなわち、最終的に、最終価格が円安になっていることが大事です。どれだけ購入口数を増やしても、お金を受け取るときに1ドル=70円みたいな円高状態であれば、受取額は減ると思います。

 

ドルコスト平均法

(大和アセットマネジメントより)

 

3つの原則まとめ

○投資期間は15年以上が必要

○投資先は分散させる

○ドルコスト平均法を活用する

 

保険の設計書の見方

変額保険で出てくる言葉

解約返戻金

保険お対象者が生きている場合、保険を解約した時に受け取ることができる貯まっていたお金 = 貯蓄(老後資産)

解約返戻金は、増えたり減ったりするため、最低保障はない。早く解約する(10年未満)と、実際に支払った保険料よりも少なくなることがある。

 

解約返戻金

(節税ラボより)

 

死亡保険金

保険の対象者が死んだ場合、遺された家族に残してあげることが出来るお金 = 死亡保障

死亡保険金は、最低保障がある(減ることはない)。基本、死亡保険金額は変わらないが、もし運用成績が良くて解約返戻金額が死亡保険金額を上回ったら、それ以降どんどん死亡保険金額も増えていく。

 

死亡保険金

(節税ラボより)

 

返戻率

「受け取る金額の合計」を、「支払う金額の合計」で割ったもの。返戻率が100%を超えれば、受け取る金額の方が多いということを意味し、この数値が大きいほどお得な商品ということになります。

 

返戻率

(保育園まるごとランキングより)

 

運用実績

投資信託の運用成績のこと。何%で表示され、運用実績(%数)が大きいほど将来受け取る金額が大きくなっていくということです。

図の0%、2.75%、5.5%の部分が運用実績です。この運用実績はあくまでも参考です。保険会社が勝手に設定しているだけなので、参考にしかなりません。

そうはいっても、その運用実績って机上の空論じゃないの。本当にその運用が出来るの。って思っちゃいますよね。それが出来るんです!詳しくは、「運用レポートの見方」でお話します。

 

運用実績

(FPが教える相談前の心構えより)

でもちょっとだけ先に見せちゃいますねw

各保険会社の運用実績が載っています。全てがプラスになっているわけじゃないけど、5.5%以上の運用実績があるものもたくさんあるでしょ。これはまだ運用年数が少ないので、長期間の運用でもっと良くなると思います。

 

運用実績

(original life designより)

 

騰落率

「騰落率」とは、ある期間の始めと終わりでどれだけ価格が変化したかを表すもの。例えば、価格が100円の運用商品が105円になれば5%の上昇、90円になれば10%の下落となります。

 

騰落率

(不動産のいえらぶより)

 

保険の受け取り方(どちらか一方だけ)

  1. 死亡したとき(家族が死亡保険金を受け取る)
  2. 生存しており、途中で保険を解約するとき(自分が解約返戻金を受け取る)

 

解約返戻金

(価格.comより)

 

設計書を見るポイント

○死亡保障を考えている人・・・死亡保険金

○貯蓄を考えている人・・・解約返戻金(返戻率)

を見てください。

 

運用レポートの見方

何を見たらいいの

運用レポートの中で一番大事なページはここです。

運用レポート

(アクサ生命より)

※各保険会社のホームページで誰でも見ることができます。

 

上記の3点(特に①と②)を確認出来れば、あなたも変額保険を理解したも同然!!

運用レポートを見るポイントは、「過去の実績」と「現在の運用先」で。それを元に「未来(の運用成績)を想像する」ことです。

では、一つ一つ見ていきましょう。

 

①・・・各投資信託の価値(価額)の推移

②・・・各投資信託の騰落率

③・・・資産の内訳

 

各投資信託の価値(価額)の推移

これは、各投資信託の過去の運用実績と状況をまとめたものです。言い換えると、今まででどれくらい価値が増えたのか。を確認できます。

全ての投資信託の一番最初の価値を100とした場合、何%価値が増えたのか。ということです。例えば、赤い折れ線の外国株式プラスは、100→約300ぐらいになっています。ということは、当初よりも価値が3倍になっているということです。グラフで見るとパッと見でわかりやすいですよね。

 

ユニットプライスの推移

(アクサ生命より)

 

各投資信託の騰落率

これは。投資信託の価値が現時点(2019年7月末)を基準にして、直近の過去「1ヶ月」「6ヶ月」「1年」「3年」「5年」、また「設定来」で過去推移を見た場合に、どれだけ変化したかを表しています。

一番見てほしいのは設定来の下段で、平均年率何%で運用されるのかを知ることが出来ます。これが、運用レポートで一番大事な所です!例えば、外国株式プラスは平均年率11.14%で運用できているということになります。銀行の普通預金年率が0.001%ぐらいを考えるとスゴイですよね!

設計書に運用実績を覚えていますか。0%、2.75%、5.5%が設計書の図にあったと思います。これが本当に実現可能な数値なのかは、この運用レポートの設定来平均年率をみればわかります。設定来平均年率が根拠になるんです。なぜなら、設定来平均年率は今まで実際に運用してきた結果だからです。先ほどお伝えしたように、外国株式プラスは平均年率11・14%だったですよね。まだ設定日から10年しか経っていませんが、平均年率11・14%の結果が出ています。投資の三原則である「長期」「分散」「時間」をさらに10年続けていくと、もっと良い結果になる可能性を秘めています。これが「過去の実績」から「未来(の運用成績)を想像する」ということです。

※まだ設定日から日数が浅い(保険商品に適用してから日数が浅い)投資信託は、未来を予想することが難しいです。しかし、保険商品に適用する前から投資信託として存在しています(同じ投資信託)。ということは、保険商品適用以前の投資信託の過去の運用実績を見れば、長期的な設定来平均年率を確認することができます。

 

騰落率

(アクサ生命より)

 

資産の内訳

これは、お預かりした保険料をどのような資産で運用しているかを示したものです。ここはあまり重要ではないので、簡単に言うと、確認する所は各投資信託が投資に回さない現預金が何%あるか。(逆に言うと、何%を投資に使っているのか?)を確認するだけでいいです。投資に回さない現預金の%が多いと、お金が増えにくいということです。

※景気が悪いときには、現預金の割合が多いほうが良いです。

 

資産内訳

(アクサ生命より)

 

各投資信託の情報

先ほどまでの確認ポイント3点は、主に過去の実績をメインに見てきました。次のページでは、現在の運用先を見ていきます。今どこの会社に投資しているのかな。って感じで、ここも簡単に見ておくだけで大丈夫です。(見なくてもいいかもですw)

 

運用レポート

(イオン銀行より)

 

運用レポートを見るポイント

○「過去の実績」と「現在の運用先」から「未来の運用実績を想像する」

○設定来で、平均年率何%か

 

まとめ

今回は、変額保険について話をしてきました。

変額保険を考える上でのポイントは、

ポイント

  1. 目的・・・死亡保障+老後資金
  2. 投資の三大原則を意識する
  3. 運用実績の根拠として運用レポートを見る

です。

 

投資マンのすけ
投資マンのすけ
難しい内容だったけどどうだったかな?

今回は、いきなり保険の中でも難しい変額保険という内容でした。

完全に私のアウトプットのために記事を書きましたが、これが少しでも誰かのためになれば幸いです。

では、また次もおたのしみに。

 

 

 

 

-保険

© 2021 保険と投資と資産形成 Powered by AFFINGER5